ワークショップ


ワークショップとは、ジャグリングに関する知識や技術を教わることのできる講座のことです。

基本技から学ぶことができる初心者向けのものから、 ハイレベルな技を学ぶことができる中上級者向けのものまで、 毎年幅広いレベルのワークショップを開講しています。

ジャンルについても、ボール・クラブなどよく目にするジャグリング道具から、普段教わる機会の少ない珍しい道具まで様々です。

「地方に在住しているので、なかなか教えてもらえる人がいなくて・・・」
「この技を練習しているんだけど、ちょっと行き詰っていて・・・」
「あの人のあの技ができるようになりたいなあ・・・」

そんなご要望にお応えできる(かもしれない)のがJJFのワークショップです。

また、過去のJJFでは、特定の技の練習方法を教わるワークショップの他にも

・海外のジャグリングイベントに関する報告会
・同じ道具のジャグラーが集まり技を交換や披露を行うブレークアウト
・様々な角度からジャグリングについて語るトークセッション
・同世代や同じ趣味を持つジャグラーが集まる交流会
・自作ジャグリング道具の作り方講座

など、様々なジャンルのワークショップが開催されてきました。

是非たくさんのワークショップを受講して、技術向上やジャグラーとの交流の場として、ご利用ください。

ワークショップ参加にあたって


JJF参加者であれば誰でも無料で受講することができます。参加について事前の申し込みは不要です。参加希望者は各ワークショップが始まる時間に、所定の開催場所へお集まりください。

ワークショップの内容を忘れないために、メモなど記録できるものを用意することをおすすめします。

また、ワークショップによっては、持ち物が指定されている場合もあります。詳しくは、各ワークショップの詳細ページをご確認ください。

あなたも講師をしてみませんか?


「初心者の方にジャグリングの楽しさを伝えよう」、「ちょっと他人に技を教えてあげてもいいかな」という方、 ぜひワークショップの講師をしてみませんか?

JJF2019では、ワークショップ講師のボランティアをしてくださる方を募集いたします。講師のレベルや開講する講座のレベルは問いません。(※ただし、講師はJJF参加パス購入者に限ります。ご了承ください。)

もし講師をやってみようという方がいらっしゃいましたら、以下の申込フォームより申込ください。

※申込多数の場合、抽選とさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

JJF2019ワークショップ講師申込フォーム

8月公開

ワークショップ担当より


過去のJJFでは、技や演技に関するワークショップはもちろん、普段馴染みの少ない道具の入門講座、 ジャグリングイベントに関する報告会などなど、幅広い内容のワークショップが開催されてきました。

今年のJJFも、より幅広い内容のワークショップを歓迎します。講師を務めてくださる皆様のご協力が必要です。

過去に講師を務めてくださった方も、今回新たに講師をやってみようという方も、どうぞお気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします。

ワークショップに関するご意見、ご質問はworkshop2019[at]juggling.jpまでご連絡ください。

JJF2019ワークショップ担当 井出